戻る

鍼灸の適応症

WHO(世界保健機構)では、次に掲げる疾患に鍼灸治療が適応であることを認めています。

系統 分類 適応疾患
神経系 神経痛・神経麻痺・筋肉痛・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・
頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー等
運動器系 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚肩こり・五十肩・腱鞘炎・腰痛・
外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)・各種スポーツ傷害
循環器系 心臓神経症・動脈硬化・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系 気管支炎・喘息・風邪および予防等
消化器系 胃腸病・(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎
・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾・口内炎
内分泌代謝系 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血等
泌尿器系 腎炎・膀胱炎・尿道炎・性機能傷害・尿閉・前立腺肥大・陰萎等
婦人科系 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・のぼせ
・つわり・血の道・不妊症等
耳鼻咽喉系 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎
・扁桃炎・声枯れ等
眼科系 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい等
小児科系 小児神経症・(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)
・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善等
皮膚科系 蕁麻疹・しもやけ・ヘルペス・おでき等
アレルギー 気管支喘息・アレルギー性鼻炎・眼炎等


米国国立衛生研究所(NIH)の合意声明書(1998年2月最終版)では、鍼が有効な疾病として、
成人の術後の、あるいは薬物療法時の吐き気や嘔吐、妊娠時の悪阻、歯科の術後痛を挙げている。
また、補助的ないし代替的治療法として鍼を利用すれば役立つ可能性があるものとして、
薬物中毒、脳卒中のリハビリテーション、頭痛、月経痛、テニス肘、線維性筋痛、筋筋膜性疼痛、
変形性関節炎、腰痛、手根管症候群、喘息を挙げている。


戻る